建築士に興味がある場合、求人状況を調べてから目指すかどうかを決めた方がいいでしょう。 なぜなら、仕事がないと建築士として食べていくことができないからです。 せっかく資格を取得したのに仕事がないのなら、今まで頑張った意味がありません。 そういったことにならないためにも、建築士の求人状況を知っておいた方がいいです。 建築士の場合、今のところ求人はありますが、年々減っていくと思った方がいいでしょう。 その理由は、少子化です。 少子化の影響で人口自体が減ってしまっているため、家の需要が年々減少していくことが予想されます。 それに、景気の影響もあり、特に一戸建てを購入する人は減少傾向にあるといわれているのです。 この先、建築士の求人はどんどん減少していくことが予想されるため、どのようなスタイルで建築士として頑張っていくのかを真面目に考えないといけない時代に突入してきました。 雇用してくれるところがない場合、真っ先に独立を考える人もいますが、独立しても簡単に成功できるわけではないので、厳しい状況であることには変わりありません。